So-net無料ブログ作成

首コリ

またまた、最近、首のコリの症状の方が増えています。
肩こり・腰痛に並んで首コリを感じている方は多いと思います。
首のコリで考えられるのはまず頚椎の変形・歪みです。
正常な場合は頚椎は緩やかな前カーブを描いていますが、
これが真っ直ぐになってしまう場合があります。

これは「うつむく」姿勢が長い生活を送っている人です。
首が真っ直ぐになってしまうと、クッションの役目が、
果たせなくなってしまいますので、動作の衝撃が直接頭に行ってしまうのと
頭を支える負荷が3倍にもなります。それで首がコルんです。

パソコンなどで1日下を向いている時間が長い方は注意が必要ですね。

また、骨が圧迫されることで血流が低下します。
単なるコリだけで済んでいればまだいいのですが、
これが慢性化してくると脳にも悪影響が出てきます。
首のコリによって血管を圧迫させることになりますが、
首には脳に送る神経や血管が沢山あります。
これが滞ってしまうと脳も血流低下になってしまいます。
最悪の場合は「脳梗塞」になる危険になります。

自覚症状がある場合は首を回したりストレッチをしたりと無意識に対処しますが、
問題は自覚症状がない場合です。脳梗塞などで倒れる人には、
かなり首が凝っている場合があります。それなのに本人は自覚していないのです。
これは神経を圧迫させてしまった結果「麻痺」してしまい、
痛みを感じなくなっているのです。
現に、当院でも施術を受けて、初めて凝っている事を自覚したという方も、
多く、おられます!コリは、疲れの信号です。

自覚症状がないと自分がどの位凝っているのか分からないですね。

・夜熟睡できない
・めまいがする
・まぶたの上が震える
・何もないのにつまづく
・頭が慢性的に重い

上記の5点の心当たりのある方は、要注意です。

                    南森町カイロプラクティックセンター
                               井上達矢


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0